is702

2008/08/26

“もしも”に備える処方箋 ~ウイルスが見つかったとき~
手順3:ウイルスを駆除し、変更されたシステムを修復する
 セキュリティソフトでウイルス駆除できていない場合、手動で駆除を行う必要があります。また、ウイルスの多くは、パソコン内のさまざまな設定などを変更します。そのため、変更されてしまったシステムを、元通りに修復しなければなりません。
 トレンドマイクロから、変更されたシステムを自動で修復する「システムクリーナー」や、ウイルス別の駆除ツールが提供されています。いずれも無料ですので、必要に応じて有効に活用しましょう。
 ウイルスデータベースにもウイルス駆除方法が載っているものがあります。インターネットで駆除方法を調べる場合は、ウイルス感染しているパソコンではなく、別のパソコンを使いましょう。友人に調べてもらったり、ネットカフェなどを利用したりするとよいでしょう。
 もしどうしてもうまくいかない場合は、パソコンを初期状態に戻すという方法もあります。その場合、保存しておいたデータなどはすべて消えてしまいます。万一のためにも、大切なデータは定期的にバックアップしておきましょう。
手順4:最新のセキュリティソフトでパソコンのウイルス検索を行う
 ここまでできたら、ネットワーク接続を元に戻し、お使いのセキュリティソフトを最新の状態に更新します。セキュリティソフトの期限が切れていないかどうかも確認してください。
 そのうえで、パソコン全体のウイルス検索を行います。ウイルスは多重感染することが多いので、必ず行ってください。ウイルスが完全に駆除できていれば(ウイルスが検出されなければ)、OKです。
 セキュリティソフトが使えない場合や期限切れの場合は、オンラインスキャンを使ってみてください。
セキュリティソフトの期限切れって?
セキュリティソフトの有効期限が切れていないか、もう一度確認してみましょう。

セキュリティソフトは日々発生する新たな脅威に対抗するために、ソフトを常に更新し続ける必要があります。更新しないと古いウイルスにしか対応することができません。通常、新しいものに更新するためには、更新する権利を取得しておく必要があり、それには有効期限が設定されています。うっかり期限が切れてしまうと、新しい脅威に対応できなくなってしまいます。セキュリティソフトの期限が切れていないか、もう一度確認してみましょう。

手順1:セキュリティソフトのメッセージを確認 手順5:問題のあったセキュリティ対策を改善
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ