is702

2006/07/24

スパイウエア特集
case2:Webサイトを介して、ユーザを脅して侵入する手口
Webサイトを閲覧していると、突然「新しい脅威が発見されました」などといった内容の表示が現れ、怪しげなソフトをダウンロードさせる手口に注意喚起がされています。
あたかもユーザのパソコンにウイルスやスパイウェアが侵入したかのように“脅す”手口で、慌てたユーザがソフトをダウンロードすることを狙っています。ソフトをダウンロードしてインストールすると、クレジット決済で料金を支払うよう、メッセージがしつこく表示されます。
このソフトをインストールすると、パソコンの動作が遅くなるなどの不具合が生じたり、ソフトを使っても十分なセキュリティ対策ができないなどといった問題が起こる場合があります。
脅しの例
1) いろいろなWebサイトを見ていると、突然「パソコンのエラーが発生しました」という表示がでる。「無料のスキャン」をクリックすると「新しい脅威が発見されました」と言う内容が表示される。
表示の例
2) OKをクリックすると「貴方のパソコンは「ブラックウォーム」に感染される恐れがあります。ご覧のセキュリティソリューションをダウンロードするのをお勧めします。」と書かれたページが表示され、ソフトのダウンロードを促す。
表示の例
3) ソフトをインストールすると、料金を支払えという催促がしつこく表示される。
対処法
怪しいWebサイトに近づかない。不安を感じたら、信頼のできるセキュリティ対策ソフトでスパイウェアが侵入しているかどうか確認する。常に最新のセキュリティ対策ソフトを活用する。
case1:
メールを通して侵入する手口
case3:
Webサイトを介して、ユーザをだまして侵入する手口
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ