is702

2006/07/24

スパイウエア特集
case3:Webサイトを介して、ユーザをだまして侵入する手口
Webサイトで動画を見ようとクリックすると、「プログラムをインストールする必要がある」といった内容のダイアログを表示し、ユーザをだましてスパイウェアをインストールさせる手口です。
だましの例
1) 動画や画像を見ようとクリックすると、プログラムをインストールするようダイアログが表示される。
表示の例
2) 上記画面で「はい」をクリックし、下記画面で「インストールする」を選ぶと、スパイウェアが侵入する。
表示の例
対処法
製造元が信頼のできないプログラムはインストールしない。常に最新のセキュリティ対策ソフトを活用する。
Webブラウザの「ツール」から「インターネットオプション」を選び、「セキュリティ」のタブをクリック。セキュリティのレベルを「中」以上に設定する(Internet Explorerの場合)。
また、Webブラウザにセキュリティホールがある場合には,悪質なWebサイトを閲覧しただけでスパイウェアがインストールされる場合もある。常にWebブラウザのアップデートを行い、セキュリティホールを放置しないようにする。
case2:
Webサイトを介して、
ユーザを脅して侵入する手口
case4:
ソフトをダウンロードする際、
一緒にこっそり侵入する手口
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ