is702

2006/04/26

 
子供たちが安全にインターネットを使うために
子供たちのインターネット利用状況「利用開始は小学1年生から」
子供たちがいつ頃からインターネットに接し始めるか、ご存知でしょうか?
現在では、多くの小学校で、4年生の勉強の中でインターネットを利用するようになっています。
しかし、実際には家庭などでインターネットに触れる機会も少なくなく、アンケートでは、小学1年生のときにインターネットの利用を始める割合が一番多いという結果が出ています。
思わぬ行動を取る可能性がある子供たち。インターネットの脅威にさらされないよう、ある程度、大人がサポートをしてあげましょう。
知っておきたい「子供にとってのインターネットの『わな』」
インターネットには、ウイルスやスパイウェアなどの脅威が潜んでいます。それらの多くは、普段からインターネットの脅威に対して意識を持ち、総合的なセキュリティ対策ソフトを導入して常に最新の状態に保つことで、ある程度予防することができます。
しかし、子供たちがパソコンを利用する際には、大人が注意をしてあげる必要があります。小学生の子供がひとりで自由にインターネットができる環境を与えてしまうのは、子供にとっても、家族にとっても危険である可能性が高いのです。
子供たちが陥りやすいインターネットの「わな」の例
コラム:「著作権」や「肖像権」についてもチェックしてあげてください
好きなアイドルやタレント、マンガのキャラクターなどの画像を、勝手に自分のホームページやブログに掲載することは、「著作権」や「肖像権」の侵害にあたります。また、友だちなどの顔が写った画像を相手に無断で掲載することも「肖像権」の侵害にあたる可能性があります。お子さんが自分のホームページやブログなどを開設する場合、そうした画像をむやみに使用しないよう、注意を払ってあげてください。
前へ:
親子でチャレンジ! 
キミはわかるかな?インターネット○×クイズ
次へ:
子供がパソコンを使う際に保護者が注意すべきこと
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ