is702

2006/11/22

ノートパソコンを盗難・紛失したら…
「もしも…」のために、情報流出を防ぐ対策を
持ち歩くことが前提のノートパソコンは、盗難や紛失の危険性が大きくなります。だからこそ、持ち歩く個人が高い意識を持ち、盗難や紛失に遭わないよう気をつけると同時に、万が一のときに備えた対策を取っておくことが必要です。
パソコンにパスワードの設定をしておくのは当然、パソコン内のファイルにもパスワードを設定して保護するといった策も有効です。最近では、ファイルのパスワード保護とともに、これらの保護されたファイルをリモートで「ロック」することができる機能をもつセキュリティ対策ソフトもあります。活用すると“いざ”というときに便利です。
盗難や紛失に備えて、事前にやっておきましょう!
パソコンのパスワード設定
不必要なファイルは削除しておく
データのバックアップをとっておく
リモートファイルロック機能※を備えた
セキュリティ対策ソフトを導入しておく
※リモートファイルロック機能とは…
機密情報などのファイルを、パスワードで保護するとともに、それらのファイルをリモートで「ロック」することができる機能。万一コンピュータが盗難に遭ったり紛失した場合でも、インターネット経由で指定サイトにログインし、パスワード保護されたファイルをリモートで「ロック」することにより、ファイルへのアクセスを遮断することができます。
トレンドマイクロの『ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ』は、リモートファイルロック機能を備えたセキュリティ対策ソフトです。
『ウイルスバスター2007 トレンド フレックス セキュリティ』の体験版は、こちら
「盗難された!」「紛失した!」時の対処法
どんなに気をつけていても、パソコンを盗まれたり紛失したりすることはあり得ることです。そういう場合は、速やかに会社に報告し、警察に届け出て、以下のような処置を取りましょう。迅速に対応して、「2次被害」の発生を防止しましょう。
「もしも…」の時には、2次被害の防止策を!
メールのパスワードや、社内イントラのパスワード、
その他各種パスワード類を変更する
オンラインバンキング・ショッピングなどを行っていれば、
銀行やカード会社にも連絡する
リモートファイルロック機能のあるセキュリティ対策ソフトを使っていれば、
リモート操作でファイルをロックする
前へ:
パソコンの盗難・紛失のによる情報流出事件
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ