is702

2009/06/04

原因はウイルス感染?おかしいと思ったときの対処法

パソコンの中にautorun.infファイルがある

autorun.infファイルは、USBメモリなどのリムーバブルメディアやCD-ROM、DVDなどを自動実行させるための設定ファイルです。現在流行中のUSBメモリウイルスは、このautorun.infファイルにウイルスを実行させる記述がされています。そのため、autorun.infファイル=ウイルスと勘違いされているケースもあるようです。しかし、autorun.infファイルが見つかったとしても、必ずしもウイルスとは限りません。むしろ、通常のパソコン内に存在していることが多いものです。

考えられる原因

  • USBメモリウイルスに感染しているウイルス
  • 正しいautorun.infファイルである

対処方法

セキュリティソフトを最新の状態に更新したうえで、該当のファイルをウイルス検索してください。

ウイルス検索する

ウイルス検索する

ウイルスバスターなどのセキュリティソフトがインストールされている場合、ファイルを右クリックするとメニューに[セキュリティ脅威の検索]や[ウイルス検索の実行]が出てくるので、クリックして検索します。

悪用するウイルスの例

USBメモリウイルス

USBメモリウイルスはautorun.infファイルにウイルスを実行させる記述をし、自動でウイルスを実行させます。


処方箋を印刷する(PDF)

PDFをご覧になる場合は、Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は下記バナーよりダウンロードしてください。
Adobe Readerのダウンロード

ほかの現象を確認する

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ