is702

2009/06/04

原因はウイルス感染?おかしいと思ったときの対処法

急に迷惑メールが増えた

迷惑メールの宛先は、ランダムに生成している場合が多いものです。しかし、急に増えた場合、あなたのメールアドレスが流出した可能性があります。

考えられる原因

  • 迷惑メールに返信した
  • 信頼の置けないサイトのフォームなどにメールアドレスを記載した
  • 会員になっているサービスで情報流出やWeb改ざんなどがあった
  • Webサイトなどにメールアドレスを公開した

対処方法

残念ながらいったん流出したメールアドレスを取り戻すことは不可能です。メールアドレスを変更する方法もありますが、頻繁に変更するのはなにかと煩雑です。

メールアドレスを使い分ける
不特定多数の人に知られやすい、例えばWebに公開、資料請求や懸賞応募に使用するなどのメールアドレスは、メインに使うものと別に設定しましょう。迷惑メールが増えてきたらメールアドレスを変更して、古いものは破棄しましょう。

Webに公開するときには工夫をする
テキストで書かれたメールアドレスを自動収集するアプリケーションも存在します。
これはメールアドレスを画像で表記することにより回避できます。
Webに公開するときには工夫をする

開封メッセージは送信しない
メールに設定された「開封確認メッセージ」を送信してしまうと、あなたのアドレスが存在することが相手にわかってしまいます。
開封確認メッセージを送信しない設定にしておくことをおすすめします。

プロバイダの迷惑メール対策に加入する
プロバイダが提供している迷惑メール対策に加入すれば、プロバイダがメールを受けた段階で、迷惑メールの可能性の高いメールを、別フォルダに振り分けてくれます。

「ウイルスバスター」など、迷惑メール対策もできるセキュリティソフトを導入する
セキュリティソフトには「迷惑メール対策機能」のついたものがあります。
セキュリティソフトを導入することにより、より安全にメールを使用することができます。


処方箋を印刷する(PDF)

PDFをご覧になる場合は、Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は下記バナーよりダウンロードしてください。
Adobe Readerのダウンロード

ほかの現象を確認する

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ