is702

2009/09/17

正規Web改ざんによるウイルス感染を防ぐには

被害に遭わないために

Web改ざんの場合、「怪しいサイトは見ない」といった対策が通用しません。以下を心がけてください。

セキュリティソフトを使用する

改ざんされたWebを閲覧すると、ウイルスがダウンロードされますが、セキュリティソフトを正しく使用していれば、ウイルス感染を防ぐことができます。また、セキュリティソフトの中には、レピュテーション技術で、リダイレクト先の不正なWebへのアクセスをブロックするものがあります。こちらの機能を持つセキュリティソフトがおすすめです。

セキュリティホールをふさぐ

攻撃にはしばしばセキュリティホールが使われます。Windows Updateを使うなど、セキュリティホールをしっかりふさいでおきましょう。

加えて、Webサイト管理者は、次の対策が必要です。

ID、パスワードの管理の徹底

IDとパスワードを盗まれ、Webサーバ管理権限を乗っ取られる場合があります。ID/パスワードを他人と共有しない、パスワードは定期的に変更する、複数のサービスで同じパスワードを使用しないなど、きちんと管理しましょう。

攻撃の例(2) Webシステムの脆弱性を狙ってWeb改ざん

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ