is702

2010/07/30

USBメモリで広まるウイルス ~感染してしまったら? 感染しないためには?~

USBメモリウイルス 感染したときの被害

ウイルスに感染すると、他のパソコンやUSBメモリをはじめとする外部メディアへウイルスをコピーし感染を広げます。その後、インターネットから別のウイルスをダウンロードし、複数のウイルスと連携してさまざまな活動を行います。

そのため、具体的な被害はダウンロードするウイルスによってさまざまですが、以下の活動をすることが確認されています。

  • オンラインゲームのアカウント情報を盗む
  • メールアドレスを盗む
  • パソコンを遠隔操作する
  • パソコン内の情報を外部に送信する
  • 入力したキー情報を外部に送信する
  • さらに別のウイルスをダウンロードする

図:USBメモリウイルス 感染したときの被害

前へ 1 2 3 4 次へ

こちらの記事を読んだ方におすすめの記事

  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ