is702

2011/03/17

あなたのケータイは大丈夫? 携帯電話、スマートフォンのセキュリティ対策

PINコードで電話回線の不正利用を防ぐ

携帯電話の不正利用を防ぐパスワードとあわせて、「SIMカード」(UIMカードともいいます)に設定された「PINコード」を変えておくようにしましょう。

SIMカードとは、携帯電話会社と契約した利用者に貸与されるICカードです。SIMカードには携帯電話の番号や契約者を特定する情報が記録されており、対応する電話機に装着すると通話・通信ができるようになっています。いわば、携帯電話で回線を使うための「身分証明書」です。

図:携帯電話に装着して使うSIMカード

SIMカードが盗まれると、別の電話機でも自分名義で回線が使われてしまいます。電話会社に届け出るまでの間に不正利用されてしまうと、通話・通信料金が契約者に課せられることになります。特に海外で携帯電話を使うときは要注意。現地で携帯電話が盗まれSIMカードを不正利用されると、料金が高額になりやすいからです。

こうした不正利用を防ぐのが「PINコード」という暗証番号です。この番号を変えておくと、SIMカードを電話機に装着して電源を入れたときに入力が求められるようになり、3回入力を誤るとSIMカードが使えなくなります。前述の操作ロックの暗証番号で携帯電話を守り、PINコードで通信回線を守るというわけです。

なお、PINコードは携帯電話会社ごとに共通の番号があらかじめ設定されています。初めてPINコードを変更するときは、初期設定の番号を入力してから、新しい番号を入力します。PINコードには4~8桁の数字を設定できます。

一般的な携帯電話の場合

SIMカードやPINに関する設定は、たいていの機種で本体の設定一覧の「セキュリティ」の項目に含まれています。取扱説明書でPINコードの設定方法を調べる際は、以下に関する項目を探してみてください。

  • NTTドコモ…「FOMAカード」「ドコモUIMカード」
  • au(KDDI)…「au ICカード」
  • ソフトバンクモバイル…「SoftBank 3G USIM」
  • イーモバイル…「EM Chip」

図:<NTTドコモ「N-05B」の場合> PINコードの変更は「ロック・セキュリティ」→「PIN設定」で行う

iPhone4(iOS4.2)の場合

iPhoneでは、ホーム画面から「設定」→「電話」→「SIM PIN」と選択します。表示された画面で「SIM PIN」を「オン」に変え、現在のPINコードを入力して「完了」をタップします。前の画面に戻ったら「PINの変更」を選び、「現在のPIN」に現在の番号を、「新しいPIN」「新しいPINを確認」に新しく設定する番号を入力して「保存」をタップします。

図:「SIM PIN」を「オン」に変え、次の画面で現在のPINコードを入力/現在のPINと新しいPINを入力して保存

Android携帯の場合

Android携帯では、本体の設定画面で「セキュリティ」「UIMカード」(USIMの場合もあります)を選び、「UIMカードをロック」をタップしてチェックを付けます。次に、現在設定されているPINコードを入力して「完了」をタップします。前の画面に戻ったら「UIM PINの変更」を選び、現在のPINコードを入力し、新しく設定する番号を2回入力します。

図:「UIMカードをロック」にチェックを付ける/現在のPINと新しいPINを入力

※ 画面はau(KDDI)の「IS03」のものです。設定方法の詳細はお使いの機種の取扱説明書でご確認ください。

前へ 1 2 3 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ