is702

2011/05/19

「知らなかった」ではすまされない! ネットのトラブル回避術

<ページ1>

<ページ2>

  • スパムダイレクトメッセージを受け取った場合の対処法

<ページ3>

<ページ4>

スパムダイレクトメッセージを受け取った場合の対処法

ダイレクトメッセージをスパムだと見分けるには、どうしたらいいでしょうか。例えば「いつもは日本語のメッセージが来るのに、英語で来るのはおかしい」と感じたときは、スパムだと疑ったほうがいいでしょう。また、普段はタイムラインに表示される「返信」の機能を使ってメッセージを送ってくる相手が、突然ダイレクトメッセージを送ってきたりしたら、相手に連絡するなどして確認してみましょう。

受け取ったダイレクトメッセージがスパムだった場合は、リンクをクリックしないように注意しましょう。無視するのが最善の方法です。また、ダイレクトメッセージを送ってきた相手は、自分の名前でそのようなメッセージが送信されていることに気づいていない場合もありますので、スパムが発信されていることを伝えてあげるといいでしょう。

スパムダイレクトメッセージを送ってしまった場合の対処法

万が一、自分の名前でスパムXのようなスパムダイレクトメッセージを送ってしまった場合は、次のように対処しましょう。

1. フォロワーに被害が広がらないよう注意を呼びかける意味で、自分がスパムメッセージを送ってしまったことを発言しておきましょう。

2. 次に、許可した覚えのない「連携アプリ」を削除しましょう。

(1) Twitterの公式ページ(http://twitter.com/)にアクセスしてログインし、自分用のTwitterページを開きます。右上にある自分のアカウント名が表示されたボタンをクリックし、設定画面を開きます。

写真:Twitter設定画面

(2) 開いた設定画面で「連携アプリ」というタブをクリックすると、「許可した連携アプリの一覧」という画面に切り替わります。

写真:「許可した連携アプリの一覧」が表示される

(3) ここは、自分が利用を許可したアプリが表示される欄です。問題ないアプリはそのままでかまいませんが、スパムの原因となるアプリがあったら「許可を取り消す」ボタンをクリックします。

3. さらに、見覚えのない不審なダイレクトメッセージを削除しましょう。

(1) 自分用のTwitterトップページに戻り、「メッセージ」をクリックして、自分が過去に送信したダイレクトメッセージの一覧画面を表示します。

(2) 送った覚えのない不審なダイレクトメッセージがあれば、「削除」をクリックします(自分が削除すると相手に送られたメッセージも削除できます)

4.最後にフォロワーを確認して、覚えのないユーザをフォローしていた場合は、フォローを解除しておきましょう。

前へ 1 2 3 4 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ