is702

2011/08/04

親子で考えたい、インターネットトラブル回避術【後編】

パソコン、携帯電話、スマートフォンなど、様々な機器から簡単にインターネットに接続できる時代になりました。子供たちもこうした機器を自由に使えるようになると、インターネット上のトラブルに遭遇してしまうケースも増えてきます。

子供がトラブルに遭わないようにするために、親としてできることは何でしょうか。

夏休み特集の「親子で考えたい、インターネットトラブル回避術【前編】」では、子供が遭遇しやすいトラブルの事例と現状について紹介しました。

【後編】では、子供がインターネットのトラブルに遭わないようにするための対策と、万が一トラブルに巻き込まれた場合、親としてすべきこと、ご家庭でできる対応について見ていきます。

<ページ1>

  • インターネットを使うときのルールを明確に
  • フィルタリング機能を活用しよう

<ページ2>

インターネットを使うときのルールを明確に

インターネットは便利ですが、思わぬ危険が潜んでいます。大人なら当然わかっていることですが、社会経験の乏しい子供たちは、このことをよく理解していない場合があります。

インターネットを安全に利用するためにも、まずは利用する際のルールを家庭内でよく話し合っておくことをお勧めします。

例えば、パソコンや携帯電話の利用について。ネット上のトラブルが増えているという話を耳にすると、親は心配のあまり、携帯電話やパソコンの利用を「全面的に禁止」してしまうこともあります。しかし、それだけでは問題の解決にはなりません。

子供たちは友人とコミュニケーションをとるために携帯電話を活用したいと思うでしょうし、子供が塾などに通ったりする場合は、親と連絡をとるために携帯電話が必要になることもあります。パソコンも、家庭で使わせないようにしたとしても、学校やインターネットカフェなどで利用することもできるでしょう。

やみくもにパソコンの利用を禁止したりすると、子供に反抗心が芽生えることもあり、「言っても怒られるだけだから」と、こっそり使うようになる可能性もあります。

これでは、子供がインターネットのトラブルに巻き込まれた時に助け船を出すことができません。

まずは、ご家庭でよく話し合い、子供たちが携帯電話やパソコンを利用する際のルールを明確にすること。また、どのような形でインターネットを利用しているのか、親子で気軽に話し合える雰囲気を作っておくことが重要です。

たとえば、以下のようなルールを決めてみてはいかがでしょうか。

  • 子供がパソコンや携帯電話を使うときの利用時間・利用限度額を決める
  • 子供がよく利用する掲示板やブログなどは、親に知らせるように言う(親が子供の書き込み内容を把握しておく)
  • 子供が小さいうちは、パソコン利用時は親が付き添うようにする(親が一緒でないときにはパソコンを起動させない)
  • 利用するWebサイトをあらかじめ決めておき、それ以外のサイトを閲覧したいときには、事前に親に相談させるようにする
  • パソコン上に見慣れないメッセージが表示されたら、操作する前に親に一言相談するように言う

こうしたルールを決める以外に、親として事前の予防策をとりたいときには、「フィルタリング」を利用する方法もあります。

フィルタリングとは、インターネット上のWebサイトを評価判別し、有害と認定されたサイトへのアクセスを制限する機能のことです。ブロック、またはアクセス制限といった名称でも呼ばれます。

フィルタリングでサイト閲覧に制限をかけておけば、子供が無防備に有害サイトへのリンクを操作してしまっても、閲覧できないので安心です。

フィルタリング機能を活用しよう

携帯電話の場合

子供がインターネットを利用する際は、パソコンよりも、携帯電話からのアクセスが多いのが現状です。このため携帯電話に関しては、青少年契約者へのフィルタリング使用の原則化が進められています。

まず、未成年が携帯電話使用者となる場合は契約時に親の承認が必要になるので、親の知らないところで、子供が自分用の携帯電話を取得することはできません。

また各携帯電話事業者は、オプションで有害サイトへのアクセス制限サービスを用意していますので、親はこうしたサービスを活用することができます。

さらに、アクセスするサイトをユーザが個別に選別できる「個別フィルタリング設定」や、アクセスできる時間帯を設定できる「時間帯制限」などのサービスを用意している事業者もあります。

主な携帯電話事業者のフィルタリングサービス

携帯電話事業者名 サービス名称
NTT docomo アクセス制限サービス
au by KDDI EZ安心アクセスサービス
SoftBank ウェブ安心サービス
WILLCOM 有害サイトアクセス制限サービス
イー・モバイル Webアクセス制限

パソコンの場合

パソコンからインターネットに接続する場合も、フィルタリング機能を利用できます。ご家庭の利用環境に合わせて、導入しやすい方法を選びましょう。

○プロバイダのフィルタリングサービスを利用する
プロバイダ(インターネット接続業者)の加入者向けサービスの一つとして、子供が有害サイトに不用意にアクセスしないように、自動的に接続を制限してくれるサービスが用意されている場合があります。

サービス内容は各社で異なりますので、詳細はお使いのプロバイダの公式サイトなどで確認し、必要に応じて設定をしておくと安心です。
○フィルタリング機能を備えたソフトを導入する
セキュリティ対策ソフトをはじめとして、フィルタリング機能を備えたソフトも市販されています。こうしたソフトを導入すると、アクセスを許可するサイトと禁止するサイトを個別に設定できるなど、自分の使い方に合わせたきめ細やかなフィルタリングが行えます。
○親子でパソコンを使い分ける(パソコンのアカウント制限)
1台のパソコンを親子で共有して使用する場合は、複数のユーザアカウントを作成し、親が使う環境と子供が使える環境を分けてしまうのも、ひとつの方法です。

「ユーザアカウント」とは、パソコンを利用するユーザが、ネットワークを利用したりパソコンの機能を使うための「権利」のことです。

ユーザアカウントごとに、利用できるソフトや、インターネット接続時にアクセスできるサイトを限定するなどの利用制限を設けることができます。この機能を利用して、アクセス制限などを厳しく設定したユーザアカウントを子供に利用させるという手法です。
前へ 1 2 次へ
  • セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
  • トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
  • トレントマイクロ セキュリティブログ
セキュリティーレポート メルマガ会員募集中 is702の最新コンテンツを月2回まとめてお届けします。
トレンドマイクロ is702 パートナープログラム
トレントマイクロ セキュリティブログ